冬場にイカ師達がもっとも熱くなるタ−ゲットがヤリイカだ。
釣り味、食味など、どれをとっても「繊細にして華麗という言葉がピッタリなイカだ。

●タックル
竿:2m前後のイカ竿(駿河湾では3m前後のマダイ竿を流用する人も多いが、より積極的に攻めるなら専用竿がいい)
リ−ル:PEラインの4〜6号が300m巻けるリ−ル(今では中小型電動が主流だが、相模湾の百戦錬磨の常連のなかには、より速く仕掛けを落下させるために回転性能のいい手巻きリ−ルを多用する人もいる)
●仕掛け
プラヅノ:11cmを5本以上。美咲のウキスッテFN−7(他のメ−カ−ならレッドヘッド)を下の方に見せヅノとして入れると有効。配色はケイムラ、ブル−、ピンクなどの淡い色主体で、同じ色は連続させないこと。
幹糸:フロロカ−ボン5号、1〜1.5m
枝ス :フロロカ−ボン3〜4号、10〜20cm(ツノの踊りを良くするために、浮力のあるナイロン糸を多用する人もいる)
中オモリ:8〜10号(乗船者が多い時はオマツリ回避のために付けないほうが無難。しかし、あった方が仕掛けの落下が速いし、仕掛けをタルマせたり、這わせることができる)
オモリ:船宿指定のもの(大抵120号ぐらい)
●釣り方
ヤリイカ釣りは反応を求めて船をまわすので、一番速く着底した仕掛けに乗ることが多い。そのため、船長の合図とともに素早い投入が肝心。誰よりも速く落下させることができれば、着底と同時に乗ることもしばしば。
着底と同時に乗らなければ、底から10mぐらいまでの間を誘いながら探る。イカ釣りの格言として「ヤリは女で、スルメは男」と言われるように、誘いはスロ−かつソフトに行う。1mぐらいずつ上へゆっくりと誘うのが基本的であるが、1mぐらい竿で誘い上げたら50cmぐらいリ−ルを巻いて、仕掛けをタルマせながら上へ誘うのも有効。また、上への誘いだけでなく、落とし込んでいくのも一つの手だ。
追い乗りテクニック
追い乗りテクはいろいろあるが、1杯アタって下にグイグイ引き込むようなら、下にゆっくりと糸を弛ませないように出してやる。逆にフワフワとオモリを持ち上げる感じなら、上へ上へゆっくりとリ−ルを巻いてやる。ヤリイカは常に他の魚に狙われている。だから、何か異変が起きれば群れの中に戻ろうとするので、その習性を利用する。

写真提供:T-SAITOU



COPYRIGHT(c) 2002 TURUZOO Co.,Ltd. All Rights Reserved.