タチウオは、秋から冬がシーズンとなります。あの見た目とは裏腹に、潮の状況や水色などにより、食いの良い時や悪い時があります。また、カミソリのような切れ味の歯でハリの下のエサだけをスパっと切り取っていくエサ盗り名人でもあるのです。
静岡ではおもにタチウオは夜釣りが多く、水深は40 〜 90mくらいまでです。竿は手持ちならば50号表示の7対3割子、1.8 〜 2.4m くらいの、軽めの竿がおすすめです。リールは、小型の電動リールが定番です。
仕掛けは2ヒロから3ヒロの2本ばりが一般的で、三ッ又サルカンや親子サルカンを介して出します。食いが良くなった時の手返しのスピードを考え、あまりカラミがないものが良いと思います。

ハリは、『タチウオバリ』を使うのが一般的で、鋭い歯からハリスを守るため(指5本サイズのダブルは結構ひきます)、市販のワイヤー仕掛けをおすすめします。タコベイトや、蛍光チューブの色などは、その時に合わせ何種類か持っていくと良いでしょう。

水中ライトも同様で、白・赤・緑・フラッシュなど、事前に船長さんなどにおすすめを聞くのも良いと思います。
エサはサンマまたはサバの切り身が主流です。付け方もその時に合わせ工夫すると良いでしょう。

指示ダナの下から上までを探りながら、竿先に変化が現れたらタチウオのエサをかんだ前あたりなので、竿先を下げ、エサを送り込みます。ここがタチウオ釣りのゲーム性があるところで、短ければ、のったと思ってもエサの切れ端だけがハリに残っているだけ、長過ぎると合わせを入れても変化がなく、ハリだけということもあります。

誘いもこれと同じく、その時の良いパターンを早く見つけ出すのが良いと思います。

1. 竿先を海面から顔の高さまでスッとシャクる。
2. そこで竿を止め、2 〜 3秒の待ち。前アタリはここで取るようにし、竿先を下げながらリールをひと巻きして再度シャクる。これを指示ダナの上まで行う。

※ スッとシャクリ上げる時に、クッと微かに重くなることがある。これはタチウオがエサの端を噛んでいる状態なので、すかさず竿先を下げて食い込ませよう。
1. ゆっくりと大きく竿を立てたら、同じ速度で目線の高さまで竿先を戻す。
2. ただでさえ小さい前アタリなのに、ハリスが大きくタルんでいるのでさらに小さくなるので細心の注意をしながら4 〜 5秒待ち、変化がなければ竿先を海面に向けながら、リールをひと巻きして、1に戻る。

※ エサのチェックはひんぱんに行うようにしましょう。

漁師さんの7本バリ付き仕掛け
パターンが分かると、長めのタイ竿などで、電動リールの誘いモードなどを使って好釣果を生む時があります。かかってからは、腕と竿の柔軟性で対応し、食い上げにはグルグル巻きで対応してください。モタモタしているとハリスやほかのエダス、みち糸など鋭い歯でスパッとやられる時もあります。

水面に上がってきたら引き抜いてしまい、歯に気をつけ、なれない人はペンチやグローブを使いハリを外してください。また、釣ったタチウオは、長めのクーラーに入れ、傷つけずにきれいに持ち帰りたいという場合は、水はなるべく入れず、隙間にサランラップや柔らかめの布を挟むことをおすすめします。

タチウオ:1.8m、3.5Kg
写真協力:恵漁丸




COPYRIGHT(c) 2002 TURUZOO Co.,Ltd. All Rights Reserved.