【分類】スズキ目アジ科
【和名】シマアジ
【別名】カツン、コセアジ、オオカミ
【英名】striped jack
体は側扁し、体高が高く、背鰭、尻鰭の軟条はその直前の軟条と少し離れて側線後方の直走部に稜鱗があり、体側の中央に一本の黄色の縦帯が走る。
刺身、寿司種の食べて美味しい、超高級魚釣人なら、憧れのシマアジにとりつかれるでしょう。伊豆大島ではこのような老成魚をオオカミと呼びます。
ロッド
基本的には誘って釣るものなので、竿は一日持っても疲れず、扱いやすくオオカミにも充分対応できるものを使用します。全長は、1.9 〜 2.3m位の、グラスムク材のワンピーで使用ハリスのキャパが広く、先調子気味で胴に張りがあるもの。とりわけシマアジ狙いで要求される竿の機能ポイントは、意図した棚でコマセを放出 (煙幕)が出せ、バケを思い描いたように誘って踊らせるかどうかです。
オオカミ(15 〜 16Kg)クラスでも、小生はハリス10号で充分ですが、外道にヒラマサやカンパチの20Kgクラス がヒットすることが時期によってはよくありますので、この場合ハリス10号では対処できません、従ってハリスキャパの広い竿がベストです。シマアジは口吻が薄く切れやすいので、ハリス10号でのやりとりの方がバラシにくくなります。
リール
リールはドラグ性能の良い両軸で、道糸は新素材10号が200m巻けるものを使用します。
小生は小型電動リールを使用しています。なぜ道糸10号かと言うと、遠征で小型のムロやサバのライト泳がせにも使用できますが、本命は仕掛けが着低、もしくは棚からアクションをかけ誘い上げてくるときに、潮に対し道糸がフケます。
6号や8号の道糸だと、強いアクションでの誘い上げ時、道糸は海水を切っているだけでコマセがでにくいのと、バケの踊りがほとんどありません。10号の場合は、表面積が大きい分、海水を切らずに道糸が海水抵抗で伝わり、意図したコマセ放出が出来、バケも踊ります。
また、 片天秤はアームのあまり長くない細身のもので充分です。
クッションゴム
クッションは、天秤の下に、細くて短いもの(20cm以下)を使用します。コマセの煙幕に仕掛けを同調させるので、天秤の上には使用しません。アクションをかけたときにゴムが伸び、コマセが出にくいのと、仕掛けが踊りにくくなります。
また、長いクッションを使うのはお勧めしません。口吻の弱いシマアジには、伸縮を繰り返すため、口切れでバラシの原因になります。また底を狙いますので根掛かりが多くなり、ハリスを切るのに手間取ってしまい、手返しが遅くなりワンチャンスを逃がしてしまいます。高性能の竿を使用し、竿にショックアブソーバーの役割をさせるようにしましょう。
コマセ& カゴ
オキアミは解凍する前の冷凍状態のものを、細かく砕いて使用します。
ポイント
・ナイフ、スクレッパーなどの道具を使い、削るように細かくします。解凍してから使用すると、オキアミが潰れてしまい、成分が分離して白い煙幕になり、棚につくまでにカゴから出てしまいます。
・ 細かくすることは、棚で放出したコマセの煙幕効果とバケのアピールになります。砕かずにコマセを撒いてしまうと、バケが目立たなくなり、コマセ飽食してしまうので、カゴはロッドアクション時にピンポイントで放出できるタイプで、カゴの上や筒部に孔が少なく、3 〜 4回煽ってできる形状のものを使用しましょう。
仕掛け
基本的にはバケを使用します。バケの種類はウィリー巻きに魚皮&ウィリースキン巻きを使い、色はその日の水色・水温・濁りに重点をおいています。魚の食い気は身エサに部がありますが、強いアクション時に取れるのと、エサ取りの餌食になり、また複数の針にエサ付けしていたのでは、手返しが遅くその日の状況で、一流しでシマアジタイム終了なんてこともあります。
針は、太地ムツ、ウィリー魚皮は16号、ウィリースキンは17号を多用しています。ムツ針を使用すると外道が掛かったときに針が飲み込まれることが少なく、針はずしが楽なため、釣りに集中できます。
針数は乗船者が少なく凪なら5本針、根が荒く風や釣り条件が悪いときには3本針です。仕掛け全長は1ヒロ半で矢引き枝出しエダスの長さは20cm位(3本針)です。
また、ベタ底に使用するコマセかごの色など、シマアジの嫌いな色があるようです。

リール以外は全てオリジナルの
もので釣り上げたオオカミ
(写真をクリックすると拡大します)
提供:Team Eight:八武崎 成史 様




COPYRIGHT(c) 2002 TURUZOO Co.,Ltd. All Rights Reserved.