[竿]
専用泳がせ竿
[リール]
大型トローリング用リール(レバードラグのものが望ましい)にPE30号を300m以上
[キーパー]泳がせ専用キーパー
頑強な尻手ロープをつけることを忘れずに

[先糸]100号2〜3m
[ハリス]60〜100号1.5〜3.0m
[ハリ]クエ針など泳がせ専用の30〜40号
[オモリ]300〜500号
[捨糸]30号30cm


周年狙うことができる。大きいものでは50kgほどになるが,通常釣れるのは
10〜30kgクラス。食った瞬間のパワーは強烈で専用の泳がせ竿をへし折ること
もある。手持ちで狙うベテランも居るが,そのパワーゆえ,置き竿の
ウィンチスタイルで狙うのが一般的である。

活き餌ではムロアジ,サバ,イカ類など,死に餌ではサバ,ソーダ,カツオ
などを使う。魚を餌にする場合はハリを口から上あごに抜く。イカの場合は
親孫の2本ハリにし,上針は胴の先に神経を避けてさし,下針は吸水管に刺す。
なお,活餌を用いる場合は,現地で自分で調達することがほとんどなので,
活餌を捕るためのサビキ道具も用意する必要がある。

オモリが着底したら,根掛かりしないようにすぐに1〜3m棚を切る。
通常,モロコは起伏の激しい岩礁に潜んでいるため,こまめに
(30秒〜数分に1回程度)棚を取りなおす。棚を取るのと同時に,餌を動かす
ことよって,モロコの目につきやすくもなる。
アタリは,もぞもぞとした前アタリの後,一気に竿先が突っ込むことが多い。
完全に竿先が入るのを待って,思い切りリールを巻いてあわせを入れる。
モロコは強烈な瞬発力で穴に潜ろうとするので,強引に締め上げて底から
引き離す。このため,ドラグはフルロックに設定しておくこと。
10mも底を切れればまずは取れると思って間違いないが,糸フケによる
ばらしに気をつけ,慎重に巻き上げる。取り込みは必ず,船長かなれた人に
ギャフを入れてもらうようにしたい。

実釣:
8月某日,とび島丸から出船。当日は銭洲南千波での大カンパチ,ヒラマサ,
モロコ狙いである。水深はざっと100mで平らからやや駆け上がるポイント
である。朝からカンパチの反応があるものの,とにかくサメが邪魔で釣りに
ならない。サメを嫌って棚を高く取ったところでカンパチ,ヒラマサは口を
使ってくれない。半ば諦めムードが漂うが,しつこく底を狙う。モロコが
喰ってくれれば....仕掛を何組サメで潰したか分からない。
もうそろそろ諦めようか,と思いつつも新しいムロを海底に送り込む。
棚を切ろうとした瞬間,明らかにサメと違うアタりが来た。一気に竿が
絞り込まれ,強引に糸を引きずりだそうとする。ドラグを目一杯締め込み
後はひたすら根から引き離す。3m,5m 渾身の力でリールを巻く。
10m切ってようやく心にゆとりができる。後は波の上下に合わせて,
外れないように巻くだけだ。途中何度か首を振ったが,水圧に弱いモロコは
もはやドラグを滑らせる力はなく,数分後,海面にぽっかりと21kgの魚体が
浮かんだ。決して大きなモロコではないが,意地で釣った当日唯一のモロコ,
喜びはひとしおだった。




 
 
協力:土肥港 とびしま丸




COPYRIGHT(c) 2002 TURUZOO Co.,Ltd. All Rights Reserved.