なりは小さいが、バカにするなかれ!
本マグロの子だけあって、その引きはスピ−ド感溢れ強烈だ。
 
★タックル★ 
竿:2.1〜2.7mの50〜80号負荷の竿(10kg前後またはそれ以上が回遊しているなら、強度のあるグラスムクのワンピ−スロッドが信頼できる)
リ−ル:PEラインの5〜8号が300m巻ける中型両軸リ−ル
★仕掛け★
テンビン:50cmぐらいの片テンビン
ビシ:80〜100号錘のサニ−ビシかステンカン
クッション:3〜4mm(使用ハリスによって使い分ける)
ハリス:サイズが1〜2kg・10〜12号、2〜3m
サイズが3〜5kg・16〜18号、2〜3m
それ以上・18号以上、2〜3m
ハリ:ヒラマサバリ13号以上(太いハリスは管付きまたは撞木のハリが結びやすい)
エサ:オキアミ、イカタン、サバなどの切り身(なるべく薄く)、エコギアなどのソフトルア−やバケなどの疑似餌も有効

★釣り方★
タナはだいたい海面から30m以内と浅いことが多いが、例外もある。いずれにせよ、船長の指示ダナに合わせること。
魚がコマセに着いているときは、積極的にコマセを撒いて付け餌とコマセを同調させることが重要だ。仕掛けを投入したら、指示ダナの5mぐらい下で止め、その位置から上方へ1mぐらいの間隔で竿を振って、コマセを撒きながら指示ダナまで巻き上げてくる。指示ダナで1分ぐらい待っても当たらない場合は、再度、指示ダナ下5mまで落とし、コマセを撒きながら指示ダナまで上げてくる。そこそこ群れが大きいときは、指示ダナまでもってくる間にヒットすることが多い。
魚がベイトなどを追って、コマセにイマイチ反応していないときは、指示ダナの上下5mの間を、仕掛けを積極的に動かして誘い続ける。また、付け餌もイカタンやワ−ム、魚の皮の付いた切り身などいろいろ試そう。こんなときは、ルア−感覚で釣ると好結果につながることが多い。





COPYRIGHT(c) 2002 TURUZOO Co.,Ltd. All Rights Reserved.