まきこぼしとは
簡単に説明すると平らな石に餌を付け、その上にコマセを乗せて一緒に撒き、それを海の中に落としてコロコロと撒いた糸が外れ、コマセがこぼれると言う仕組みの究極のコマセ釣りだと考えられると思います。

私が若い頃、これを教えてくれた師匠達は、これはその気になると湾内一つ全滅させる位の釣果が出てしまうと言うぐらい凄い力がありました。
実際クーラーでは入り切れずスチロールの箱をカ何個かストックしておき、それに入れ市場へ直行なんて事も何度かありました。

 
昔は本当に魚も多く良く釣れましたが、今でもまだ十分にイける釣りです。
カゴを使い、ハリス10m以上のマダイ仕掛けでは反応があるものの喰わない時に、その船の横で一発目で掛けたりとそのシンプルな仕掛けからの喰いの良さ、やりとりと、そこがこの釣りに深入りするファンの方が多い理由です。
 
☆まず、今回は簡単な道具と仕掛けのポイントを抑えて説明致します。☆
 

場所 水深20m〜5m位の潮の余り速くない湾内。イケス周り等は漁師さんに怒られない所

対象魚 マダイ・イサキ・シマアジ・ワラサ等、基本的にはコマセ釣りで釣れる魚がターゲットとなります。
用意する物  まきこぼし用の石=直径5cm〜8cm位の平らな円形の石、又は瓦を四角に切った物でもOK
 オキアミ3kg、アミエビ2kg位の割合。付け餌はなるべく撒餌と同じもの
糸巻き  3号〜5号を100m~150m位。巻ける物、私は昔から木のワッパを使用していますラッカーなどを塗っておくと水に濡れても変形しずらく長持ちします。無ければプラスチック製でもOKです。  
 昔はシーガーのベスカと言う糸があったのですが、今のものではサンヨーの沖釣り伝説[マダイ]又はサンライの[SU1]又は[トルネード]等。フロロカーボン100%の比重のあるもので少々固めのものがお勧めです。
目印  棚取り用の目安になるもの。浮き止めゴム等を利用します。色付だと細かく棚を取れ、夕まづめも目安が利きカラをお勧め  
タナオモリ 10号〜20号位のオモリにスナップより戻しを付け、スナップには必ずゴムチューブを付けます(無いと1回づつオモリを捨ててしまう)  
タモ 基本的には自分の狙う魚が入るもの。1人でタモ入れまでする事を前提に軽くて柄の長さは1.5m位。水切れの早い、磯用ネットがお勧め
その他 ガンダマ、ハリ、タオル又は手拭
《仕掛け》 至ってシンプルです。先に紹介したハリスに針を結びガンダマは針から30cm以内の所に一つ打ちます。 基本的にはガンダマはB又は1Bサイズを一つです。
ポイント:ハリスは釣行前に必ずよりもどしをつけた紐を車の後ろ等に付けて置き、狙う水深プラス10mを"ヒッパル"と海に出てると糸癖も無くヨレも取れ魚がくわえるのまで判る様になります。
《実況》 まずボートに乗り込んで場所を決めたら棚を取ります。その際棚取り用のオモリにスナップとゴムを付けた物に針をさし正確な底取りを取ります。水面の所に目印を全部寄せ、そこから1ヒロに1つ、3ヒロに1つ、5に1つ、6,7,8と6箇所位目印を打つ事を勧めます。 棚が取れたら糸を上げて今度は足元を整理。
ポイント:必ずその所には水を撒いておくとやりとりや糸のほつれがありません。
初めての方はカラで何度かタナオモリで巻き取り練習をして、落としていた時もライントラブルが無く、速く上げ下げ出来る様練習してみて下さい。 よく船べりに擦りながら上げている人を見ますが、人差し指を使い、なるべく擦らないでやり取りする事をお勧めします。
 
針はPEマダイの8号〜10号クラスで良いと思います。 喰い付きが渋ければ小さ目に、大型に的を絞るのであれば大き目で。餌も同様、1丁掛けか2丁掛けかはその時に合わせて投入してみて下さい。 ツケサを針につけたら石の中央に乗せ、その上にコマセを水をよく切って均等に乗せます。そのままハリスでムラ無く巻き込みます。1ヒロ〜2ヒロ位でok。 巻けたらそっと水面に入れて糸を送り込みます。 絡まない様最初は手で送り込むこと。目印が見えてきたら自分が当日どのタナで釣るかを決め、そのタナで糸を止めると石がコロコロと回転し落ちるのを、指先で感じ取れると思います。”フワッ”となれば成功です。  
ここから貴方のセンスとイメージ力が試され、釣果に繋がります。
コマセの中にツケエサを入れて釣るか、その上や下にツケエサの位置をとるか。これががこの釣り最大のポイントです。 コマセが効いてきて魚信があれば、アタリのあったタナまで送り込み、当日の魚の位置を素早く把握する事です。

《アタリ》 タイであれば一気に持っていく事もありますが、しぶとい時にはコツコツと前アタリがあります。その際、エサを取られたり、スパッとオキアミが切られている様であれば、下にはタイが居ると思われます。
コツコツの後、300m位送り込んでやると喰い付くパターンが多いです。
魚が掛かったら、慌てず、必ずフッキングしっかりする為にアワセ直します。前日シッカリ糸を引っ張っていれば、仕掛けがどの位の力まで持つか、自身が持てるはずです。
ここからがこの釣りの醍醐味の始まりです。
最初、手は水面に着く位のやりとりで確実に糸を巻き上げましょう。大型は黙っていても糸がピューと飛び出ていきます。回りのロープや波による船の揺れを考えながら糸を絡ませない様、楽しんで下さい。

ポイント:糸は絶対に手に巻きつけたりしない事。人差し指であしらい、出る時には出すを守ってください。

タモも手が届く範囲に置き、タモ入れまで完了すれば竿釣りでは味わえない繊細な釣り味が貴方を[まきこぼし]の虜にするはずです。
これ以上は又にしておきましょう。なんせ釣れ過ぎちゃいますから・・・・・

 
年齢(才)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
20
年 無
身長(cm)
15
23
32
38
42
50
55
60
65
70
85
体重(s)
0.2
0.5
1.0
1.5
2.1
3.2
4.0
5.0
6.0
6.5
10