昔から人気のマダイ釣り、基本的な釣り方などは、皆さんそれぞれ知識は、本などで勉強していると思いますので、ここではあまり触れませんが今回は、大まかにポイント、 ポイントをおさえてお伝えしようと思います。 場所や船長の釣らせ方がいろいろ ありますが、まずは、底どりをしてからの釣り方について始めます。

底どりの場は着定してから糸ふけをしっかりとハリスの長さ前後カゴをふりながら巻き上げ船長の指示ダナにカゴをおきます。巻き上げる時にカゴのふり方、回数などは、その時の潮や魚の活性化状態によりことなりますので船長のアドバイスを聞いてみると良いでしょう。
ハリスの長さや太さ、ハリの大きさなども食いの良い時には、コマセの中につけえさが長い時間入っているかをイメージしてみると良いです。
その時にハリスの長さや太さなどで、調整する事をおすすめします。ウエイトスイベルトをつけたり、ガン玉を使ったりハリスをテーパーにしたり、水中ウキなどその方法はさまざまですが、シンプルなものをおすすめします。
基本的には、巻き上げたハリスの調節がポイントとなります。また、中深場や魚の食いがしぶい時や、警戒心がある時は、底どりはせず、指示ダナからハリス分、前後を下げハリスが潮になじんでから、巻き上げコマセの量も少なめにパラパラした中のやや下につけエサがある事をイメージし、魚のいる位置より若干、上回りを考えてタナとりをするとよいと思います。
間違ってもカゴ嫌いなタイの目の前に、カゴをおとすような事がないように、カゴも新品のものよりも水中でピカピカ光るもの、つや消しの黒やグレー、またはプラスチックのピカピカのものを、ペーパーなどでこするのも良い方法です。
潮がわりや船が動いての1投目などはタイミングを逃さず、マダイのアタリを確実につかむことも重要です。食い渋りの時は、カゴはあまりガシャガシャ振らずに、エサもオキアミのしっぽはしっかり切りましょう。回転しないようにハリスもいくら細い物を使っていてもヨレたりしては、台なしになってしまいます。
さそいについては、ゆっくりとさそい上げたり、落とし込みもスローに、また、ハリスを細くした場合は、竿とのバランスもよく考えるようにしましょう。ドラク調整はもちろん、やりとりは慎重に、1匹1匹を確実に取りましょう。

[ ワンポイント ]
コマセとつけエサのバランスがイメージ出来ない時は、船の上からコマセを まき、ハリスとつけ餌も落とし、その落ちていく速度をカウントしてみては!!
ご注意)まきすぎるとカモメを釣って船長に怒られます!!
船長が「はい!落としてー」の合図がある前には、準備はしっかりとして いっせいに仕掛けを投入出来る様に心がけ、指示ダナを守り、魚を集中させ ましょう。船全体でみても好釣果への近道です。

写真協力:南伊豆 愛丸




COPYRIGHT(c) 2002 TURUZOO Co.,Ltd. All Rights Reserved.