日本国内に幅広く分布し、銀鱗に輝く精悍な勇姿を持ち、春夏秋冬1年を通して様々な釣り方で、多くの釣り人に愛されてやまない魚・・・黒鯛。ここでは、短竿を使用した、だんご釣りで、いぶし銀に挑む!かかり釣りについてご紹介致します。
ここ清水港では、水深7〜8mの浅場から30m前後の深場まで様々なポイントが点在しており、春夏秋冬、季節ごとに水温・水色・潮流・天気などの変化に対応したタックル、コマセ、つけ餌などを使用します。効果的に釣果をアップさせ、楽しみをより倍増させてください。
それでは、基本的なタックル、釣り方についてかいつまんで、説明します。

竿は、攻めの釣りに向く腰のある先調子で1.5m前後の物が主流となっています。予想以上に負担がかかる、かかり竿独特のミニクロガイドのバランスも重要なポイントの1つです。
リールに関しては、大物をかけた時に、手首に力を入れやすい小型両軸タイプ、小刻みな竿の操作や仕掛けの回収が速い下向きタイプがあります。ラインは高品質なハリスを道糸兼用としてリールスプールにいっぱい巻いて使用します。ラインの号数は2号前後が標準として使われています。ラインの特徴としては、フロロカーボン系が人気となっています。針は、チヌ針の2号〜5号までをつけ餌の種類によって使い分けます。
ガン玉・水中うき等は、潮流・水深などに合わせ使用してください。
最強の武器、だんごは、釣り船店で用意してもらえる、おからをベースに比重、集魚を考えた様々な素材を、季節・水深・潮況・えさ取りの状況で選択し、ブレンドしていきます。
主に多く使われている集魚材としては、さなぎ粉・さなぎミンチ・チヌパワー・あみえび・沖あみなど人気があります。
だんごの作り方は、当日の海況・水深等の条件に合わせて集魚材をブレンドし、バラケのタイミングの良いだんごに仕上げてください。
さし餌は、しらさえび・沖あみ・あみえび・さなぎ・練餌・イガイ・ボケ等、何種類か用意し、季節や状況に合った餌をご使用ください。
次に実践に関してですが、基本的に、まき餌でポイントを作り、魚を寄せる釣りなので餌とりの動きで時合を察知し集中力を高め釣果につなげてください。
この釣り場の特徴は、ボラも非常に多いので、ボラが寄ればチヌも近くに寄っていることを信じ粘り強く打ち返してください。

また、つけ餌の種類による当たりパターンの違いを把握し(多くの経験が必要となるが)本あたりを見逃さず遅合わせで確実にかけてください。
やり取りは無理の利かない道具だてなので、竿さばきとリールのサミングでチヌのパワーをかわして、竿の弾力が一番活かせる角度を維持し、チヌを浮かせ、取り込んでください。
なお釣り船店では、つけ餌・集魚材も各種用意しております。その他昼食の出前(天丼・カレーなど人気あり)も斡旋しております。交通のアクセスも良く手軽に楽しめ釣趣の深いいかだ釣りを、あなたも是非満喫してください。
取材協力:山本釣り舟店




COPYRIGHT(c) 2002 TURUZOO Co.,Ltd. All Rights Reserved.