ヒラメ釣りは地域、船宿、釣り人等で、仕掛けや釣り方がまったく違います。しかし、釣り人に共通するヒラメ釣りの楽しさは同じだと思います。
ヒラメはイワシ、アジ、小魚、イカ、シラスなどと、その時期によりさまざまなエサを食べ水深5〜150m(この水深は私がヒラメを狙う深さです。)それよりもっと深い海に生息しています。ヒラメの行動範囲は広く、イワシや小魚の群を追って海遊している場合も多く、私もアジ、イワシのサビキ釣りをしていて4〜5kgのヒラメがサビキのイワシを食べヒラメを釣った釣り人を何人か見ています。イワシやアジが必死にハリから逃れようと暴れ、それも2尾3尾と付いているのでヒラメへのアピールは増えるだろうと思います。
そして、ヒラメの姿を思い出してください。ヒラメの口は横に大きく開きます。普通の魚は縦向きで活きエサを海遊しながら補食しますが、小魚より早いスピード、動きが必要です。ヒラメはどうでしょう?
おすすめタックル&仕掛け
●ロッド   オモリ負荷 50号クラス
3m前後のヒラメ・マダイ竿
●リール   中型両軸リール
       小型電動リール 
       シマノ100Hクラス
●ミチ糸   PE 4〜6号
●先糸    スーパー船ハリス10号1.5m
●ステ糸   3号80cm
●ハリス
   スーパー船ハリス6〜8号1.5m
●ハリ    オーナカット ヒラメ16〜18号
イワシエサのつけ方
エサのイワシを補食するとき、ヒラヒラと近づき体を反転し口を縦向きにしてエサを食べようとします。そして補食したまま海底へ。この時に、ゴツン、ゴツゴツと食い込みは竿先に現れる。私の場合このアタリがあったらリールをフリーにというのは、ヒラメの補食にあまり抵抗をかけないためです。あとは釣り方ですが、あまり神経質にならず、重量感のある引き込みで合わせ、ヒラメを海底から放し、あとは竿をだいたい海面から45度ぐらい保ったままリールのドラグとハリスを信じやりとりをしてください。
通常ヒラメ釣りでは活きイワシやアジを使いますが、ここでは活きイワシについて考えてみます。エサのイワシはなるべくすばやくハリを付けることをおすすめします。その際にはあまり強くにぎると弱まり、ウロコが1枚はがれると人間でいうと火傷の様なもの!なるべく手を水の中につけておき、スムーズなエサつけができるように工夫しましょう。私はよく熱帯魚用の10cm×18cmくらいのタモをもっていきます。バケツのフタにもなって便利ですよ!
以上の事をイメージして楽しいヒラメとのやりとりを、たっぷり満喫してくださいね。
提供:大和丸