大物釣りファンの人気の的、青い弾丸ファイターヒラマサ!! ここでは20kg以上の オオマサを伊豆の島周りの水深40〜100位のコマセ釣りで狙ってみました。
まず、コマセは船によっても多少ことなりますが、イワシやサンマのミンチ、オキアミとありますが、 やはりミンチ系がよいと思います。付け餌はオキアミのふさがけ又はサンマの切り身 カモシ釣りの時のようにコロ(切り)の場合は身の下をはさみなどで切り背の皮を つけたまま骨を抜き裏返しにつける。
  (巻き込んでつけると深場ではエサが回転しないようです。)
又は頭をつけたまま中骨としっぽだけを取り水中ベロベロ付けがおすすめ、シーズンのはじめころや、 サンマで喰わないときなどは、イカゲソ半分のワタ付きなど数種類用意すると良いと思います。
釣り方はまず船長の指示ダナからハリス分仕掛けをおろしハリスがなじんだら コマセを振りながら巻き上げ指示ダナで待ちます。
喰いが立ってる時はやはりコマセ釣りなので コマセの量で当たる回数が違う多いのも事実です。つい当たりがなくなると竿を振りたくなりますが、 そこはがんばって辛抱強くがんばってみてください。 当たりが出て竿先が水面 に刺さってからが 竿を伸されないようになるべく竿を立てて糸の出るのを防いで下さい。本当の勝負となります。 根があまりきつくなく上で喰わせれば多少はかまいませんが船中2本以上同時にかかったときなどオマツリしてもバラシの原因にもなります。
(クッションはPEとこすれると1発で切れるので混んでるときは避けた方がいいです。) もちろんこれはしっかりしたタックルと仕掛けの用意をしてからの話です。
ハリスやハツの結び方などはしっかり点検してください。 仕掛けた魚は絶対とる この気持ちを忘れずにオオマサとのファイトを楽しんでください。

竿
100〜200号クラス 250〜270cm
アリゲーター235SH
バルディーHなど
リール
フィンノールLIGHT12−20
ペン16Sパワードラグ
シマノ3000XH
ミチイト
DE8号以上が300m以上巻ける物
仕掛け
ジャボビシLL100号
ハリス30号以上

写真提供:海周丸龍正丸