人気の釣物 アマダイ

その秘密は?
釣り味はもとより、あの上がった時の色鮮やかな姿
食した時に口に広がる、その名の通りほんのり甘い品のある白身の味にあると思われます。

ここではそのアマダイの釣り方を簡単に説明させて頂きます。

仕掛け  片テンビンに2本バリハリス3号2m〜3m
  下から1mのところにエダスを20〜30cmくらい。
  (三つ又サルカンを使う)
  チモトには夜光のブルーとピンクのソフト。
  又は  最近深場ではルアーのワーム
  メバルやカサゴ用のオレンジやホワイトの小等もおすすめ。
  餌はオキアミを使用

竿 2.1〜3までの7:3調子 おもり負荷30〜50号
リール 中型又は小型の両軸リール
みち糸 PE-4号   ハリス 3号2m〜3m
ハリ チヌ4号〜6号 オモリ 60〜80号

釣り方
  やはり底物。海底に起伏がある事を忘れずに、タナをキープする事を心掛けて下さい。
  餌が海底に着いたりスーッと離れたり、フワフワと漂う様を想像して下さい。
  性質上、上からの餌にとても興味を示す魚なので底釣りは、いまいち良くないと思います。
 
場合によっては、サニービシのM又はSを使い
  アミコマセなどでも良いです。
  又、着底した時、泥底から"コツン"と
  岩や石に変わる立ち上がりがあったら
  そこは真面目に攻めましょう。
  そのうち竿先がグンと押さえ込まれる事でしょう。
  そうしたら軽く合わせゆっくり巻き上げて下さい。
  70〜90mの時は慌てて上げてはいけません。
  20〜30mまで上げて浮き袋が大きくなると
  魚も苦しみ暴れるので注意が必要です。
柔らかいクッションを30〜50mもつけてみて下さい。
  そうこうしている内、水面にあの美しい姿が顔を見せる事でしょう。
 
浅場では、稀に幻のシロアマも顔を見せます。
ゆったりとアマダイ釣りを楽しんで下さい。きっと貴方を満足させてくれるでしょう。
 写真協力:海渡 




COPYRIGHT(c) 2002 TURUZOO Co.,Ltd. All Rights Reserved.